読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PICTCAKE MAGAZINE

写真ケーキを販売する『ピクトケーキ』からのお知らせブログです。

ピクトケーキのおいしさの秘密は?製造現場を大公開します

f:id:bake-pictcake:20170227192608j:plain

冷凍でお届けするケーキにも関わらず、「生のケーキみたいにおいしい!」との声をいただくピクトケーキ。どうやって作っているのか気になりますよね?そこで今回は、製造現場に潜入してピクトケーキのおいしさの秘密を探ってきました。

1.マジパンに食用インクで写真をプリント

まずは、アプリやWebからお客様にアップロードしていただいた写真、もしくは選んでいただいたキャラクターの写真を、大きな食用プリンタでプリントしていきます。
f:id:bake-pictcake:20170224185546j:plain
紙の代わりに写真をプリントしているのは、ケーキの上に飾ってあるプレートと同じマジパン。主に砂糖でできており、インクも食用なので、安心して美味しくお召し上がりいただけます。

2.北海道産牛乳のクリームで5層のスポンジを包み込む

写真ケーキ・キャラクターケーキ・キャラフレームケーキの3つを展開しているピクトケーキですが、ベースとなるケーキはすべて同じく、味は生クリームチョコレートの2種類。
ふんわりと焼き上げたスポンジの間に、北海道産の牛乳を使用したクリームを塗り、5層に重ねていきます(写真は生クリーム味)。

f:id:bake-pictcake:20170224185532j:plain
中央の層には、フレッシュなイチゴをスライスし、手作業でまんべんなく敷き詰めてからクリームを塗っていきます。

f:id:bake-pictcake:20170224185533j:plain
すべての層を重ねたら、その上からたっぷりクリームを塗って土台を仕上げていきます。

3.ふわふわのビスキーでおめかし

次に登場するのは、ふわっと焼き上げたビスキー。
f:id:bake-pictcake:20170224185544j:plain

f:id:bake-pictcake:20170224185535j:plain
土台の周りに、ビスキーを飾り付けておめかし。側面をすべて囲んだら、土台の完成です。
ビスキーは、ピクトケーキのクリームとの相性抜群。ケーキを食べるときに、クリームを付けてビスキーだけをつまむのもおいしいんですよ。

4.パティシエの腕が光る飾り絞りでデコレーション

続いてデコレーション。まずは先ほどプリントしておいた写真のマジパンを、ケーキの天面に乗せます。
f:id:bake-pictcake:20170224185539j:plain

f:id:bake-pictcake:20170224185545j:plain
写真の周りを、同じく北海道産牛乳を使用したクリームで可愛く飾り絞り。熟練のパティシエたちが、写真をより華やかな印象にしてくれます。

5.フレッシュでカラフルなフルーツをトッピング

トッピングのフルーツには、オレンジ、もも、キウイフルーツ、グレープフルーツ、ラズベリーを使用しています(チョコレート味はグレープフルーツを除く)。缶詰ではなく、パティシエが自らカットしたフレッシュなフルーツを、色や種類のバランスを考えながら手でトッピングしていきます。
f:id:bake-pictcake:20170224185536j:plain

f:id:bake-pictcake:20170224185548j:plain
写真を囲む色鮮やかなフレームができました。

f:id:bake-pictcake:20170224185540j:plain

最後に、フルーツと写真部分にツヤ出し用のナパージュ(砂糖の液体)を塗ったら、ピクトケーキの完成です。

6.ショックフリーズで、作りたての美味しさを逃さない

冷凍ケーキというと、解凍後のベタつきや冷凍焼けによる味の低下をイメージする方も多いかもしれません。しかし、ピクトケーキは解凍しても生ケーキのようなおいしさを味わうことができます。その秘密は、ショックフリーズ(瞬間冷凍)をしているから。
f:id:bake-pictcake:20170224185538j:plain

ケーキの中の水分を、作りたての状態に保ったまま一気に冷凍するから、水分が偏るベタつきや、水分がなくなる冷凍焼けを起こさずに、美味しいケーキを全国にお届けすることができるのです。

7.厳重な梱包から発送もすべて手作業

大切なお客様の写真をプリントしたケーキを、箱へ手詰めしていきます。

f:id:bake-pictcake:20170224185541j:plain
ケーキが動いて崩れてしまわないよう、囲いを付けてから箱へ。

f:id:bake-pictcake:20170224185542j:plain
更に、ケーキが重みで潰れないよう、重ねることのできない工夫をした持ち運び用の箱に入れ、クロネコヤマトさんへ。北海道からクール便で全国に空輸します。

おいしさの秘密はていねいあんしんこだわり。そんなピクトケーキはスマホアプリやWebから簡単に注文できます。

PICTCAKE 写真ケーキ