PICTCAKE MAGAZINE

写真ケーキを販売する『ピクトケーキ』からのお知らせブログです。

思い出はフォトジェニックに残そう。スマホでもインスタ映えする誕生日ケーキの写真の撮り方

f:id:bake-pictcake:20170227193147j:plain

せっかく楽しい誕生日パーティーだったのに、あとでスマホやカメラを見返すとあまりいい写真が撮れていなかったり、そもそも写真が全然撮れていなくて後悔したことはありませんか?SNSにも納得のいくものが投稿できないと残念ですよね。
特に、その誕生日を象徴するケーキはバッチリ撮っておきたいもの。そこで今回は、スマホでもインスタ映えするフォトジェニックなケーキの撮り方をまとめてみました。

「フォトジェニック」とは?

最近よく耳にする「フォトジェニック(photogenic)」という言葉。日本語では「写真うつりの良い」「写真向きの」「写真に適した」という意味で、構図として整っていたり、印象の良い写真の写り方を指します。インスタグラムを中心としたSNSで写真をシェアすることが普及し、広く使われるようになりました。

主役にケーキを抱えてもらってパシャリ!


誕生日パーティーのクライマックスといえば、ケーキのプレゼント。パーティーの主役と、テーブルの主役が揃っているところをすかさず1枚!
フォトジェニックに撮るコツは、顔にケーキを近づけてもらうことと、ケーキの“顔”をカメラに向けてもらうこと。ピクトケーキの場合は、写真をプリントした天面が“顔”ですが、ケーキのデザインによっては、プレートやクッキー、キャンドルなどのデコレーションの仕方で変わることもあります。ケーキに合わせた“顔”を向けてもらってくださいね。

パーティーグッズを写り込ませてパシャリ!

f:id:bake-pictcake:20170224183141j:plain
部屋にバナーやガーランドなどのパーティーグッズを飾り付けているなら、写り込ませるとパーティーらしい雰囲気を出すことができます。テーブルにもクロスやランチョンマットを敷くと◎。
また、一度切り分けたケーキはクリームやフルーツなどが崩れてしまうため、写真に残してもあまり美しくありません。ケーキが切られる前に写真を撮りましょう!

ナナメからパシャリ!

f:id:bake-pictcake:20170224183146j:plain
斜めから撮るときは、ケーキの正面から30〜45°回り込むのがおすすめです。構図として整うだけでなく、限られたフレームの中でも空間に奥行きが生まれ、ふんわりとした印象に。ケーキにもボリューム感が出せるので、一層おいしそうに見えます。

真上からパシャリ!

f:id:bake-pictcake:20170224183143j:plain
角度をつけるのが難しければ、思い切って真上から撮ってもフォトジェニックになります。ただし、光の入り方が悪かったり、光が足りなかったりすると、自分の手の陰ができてしまうためご注意を。
お皿やフォークなどをさり気なく写り込ませると、フレームの外にも空間があることを印象づけることができます。

f:id:bake-pictcake:20170224183144j:plain
真上から撮るためには、ケーキの面とカメラ(スマホ)が並行になっていることが重要。中途半端に斜めから撮ると、歪みに見えてしまいます。そんなときにオススメなのが、グリッドを使った撮影です。
iPhoneでは「設定」>「写真とカメラ」>「グリッド」をオンにすると、カメラを起動したときにグリッドが表示されるようになります。このグリッドがカメラの傾きを表しているので、スマホ画面真ん中の四角とケーキの面と平行になるようにカメラの向きや位置を調整すると、きれいな写真を撮ることができますよ。

明るさもフォトジェニックのポイント

フォトジェニックな写真を撮るには、十分な露出(明るさ)も重要です。しっかりと露出を上げることで透明感が生まれ、美しい印象になります。 f:id:bake-pictcake:20170224183616j:plain
露光を調整しない写真

f:id:bake-pictcake:20170224183157j:plain 露光を上げて明るくした写真

f:id:bake-pictcake:20170224183156j:plain
iPhoneのカメラでは、露出(明るさ)をプレビューしながらの撮影が可能です。まずピントを合わせたい場所をタップして四角が表示されたら(1)、画面を上にスワイプすると撮影範囲が明るくなります(2)。明るくしすぎたときは、下にスワイプすることで暗くすることもできます。
フラッシュとは違い、撮影する前に明るさを確認でき、微調整がきくのでオススメです。

暗い写真も加工次第でフォトジェニックに

f:id:bake-pictcake:20170224183149j:plain
ちなみに、部屋が暗いときは、写真を撮った後に写真加工アプリを使うのがオススメ。例えば「MOLDIV」なら、キラキラしたフィルタで逆に暗さを活かした写真を作ることができます。

f:id:bake-pictcake:20170224183147j:plain
出来上がりはこんな感じ。暗い印象だった写真が、一気に華やかになります。

ケーキは美味しいうちにいただいて、パーティーを楽しもう!

ケーキを長時間常温で置いておくと、だれてしまったり、乾燥したりしてしまいます。サクッと写真を撮ったら、ケーキを美味しいうちにいただきましょう!そしてパーティーを楽しんでくださいね。
きれいに撮れた写真は、来年の誕生日のピクトケーキにプリントすれば、また新鮮な印象になること間違いなしですよ。

PICTCAKE 写真ケーキ 誕生日ケーキ

bake.inc